青汁の種類って?人気の青汁の種類からメリットを探る!

青汁の種類★粉末タイプ

現在発売されている青汁で一番多く見かけるのがこのタイプの青汁です。青汁を粉末状にしているタイプで、1回分がスティック状の袋に入っている場合が多いようです。
利用しやすいということと、衛生面に配慮してあるということ、保存が可能ということで人気があります。

 

・どうやって粉末にしているのか?
青汁の主原料は商品によって違いがありますが、主に大麦若葉やケール、明日葉、桑の葉などが多く、それらの主原料にプラスして抹茶や煎茶などを配合しているということが多いようです。
これらの青汁の主原料になるものを粉末にしているのですが、その時に気になるのが「高温で加工したら成分が破壊されるのでは?」と言うことですよね。
このことは確かに気になりますが、多くの加工方法ではできる限り熱処理を控えめにすることで、青汁の主原料が持つ栄養素を無駄にしないようにしています。

 

・粉末タイプがこれだけ多くなって来ていることの理由とは?
粉末タイプは持ち運びがしやすい上に、摂取方法もバリエーション豊富だからでしょう。
水やお湯に溶かすという方法以外でもあらゆる方法で摂取することができるので、続けやすいと言えます。
また、お料理に使ってみてもいいですし、お菓子作りにも利用しやすくなっています。

 

明日葉青汁ランキングはこちら 

青汁の種類★タブレットタイプ

青汁を摂取するという時に、どう工夫しても自分には飲みにくいと思われるもしくは、飲みやすくしても自分には飲む自信がないという人に適しているのがこのタブレットタイプの青汁です
あまり数多く発売されているわけではありませんが、どのタブレットタイプも1つのタブレットにかなりの青汁の主原料を凝縮していることから、想像以上の成分が含まれています。
それだけの技術があるメーカーでしかこのタイプの青汁は発売することができないということも言えるようです。

 

・タブレットタイプで人気のものについて
タブレットタイプで人気NO.1もしくは2?とも言われるメーカーを詳しく調べてみました。
S社のタブレットですが、1日3〜9粒とその人の体調などに合わせて調整可能という点もいいですね。
粉末タイプと比べるとこちらは1日1〜2袋という場合が多いですから、使いきれない時の保存が少し面倒です。
ただ、料理に使ったりはできません。
水で飲むことオンリーということで、青汁そのものでバリエーション持たせたいという人には不向き。
とはいえ、混ぜたりする手間もいりませんし、飲み忘れさえなければ確実にすべての成分を摂取可能というメリットは大きいですね。
忙しい人や混ぜたりするのが面倒だという人に向いている気がします。

関連したサイト

青汁の種類★冷凍タイプ

青汁のタイプの中でも冷凍タイプは発売当初によく見られていたタイプです。このタイプは青汁感がありすぎて苦手イメージを持ったという人も多いでしょう。
一度見ると分かりますが、いかにも「青汁です!!」と主張して来ますからね。色はかなり鮮やかできれいではあるのですが、この青汁はよほど好きという人もしくはこのタイプが慣れているという青汁歴が数十年という人にしか受け入れられないかもしれません
子供や野菜嫌いという人は結構厳しいかも。いや、無理ですね。

 

・冷凍タイプの青汁
冷凍タイプの青汁のメリットも少しはあるんです。それは、青汁の主原料を刈り取ってから商品化するまでの時間の短さではないでしょうか。
ということは、それだけ新鮮!ということも言えますね。
あらゆる手を加えていないので自然のものというイメージが強いのですが、それだけそのままだから飲みにくいということも言えます。
その他の青汁と比べると「水溶性食物繊維」が豊富と言われているので、それだけ青汁としての効果も高いということは言えるでしょう。

 

・気になる点
冷凍ということで、冷凍庫に保管しなくてはならず、そのためのスペース確保が必要です。
また、一度解凍した場合に再冷凍はしない方がいいです。味も落ちますし、栄養価についても変わらないとは言えないでしょうから。

青汁の種類★ジェルタイプ

青汁の成分を摂取するために冷凍、タブレット、粉末というのは多くの人が知っていると思いますが、実はジェルタイプというものも存在しているのです。
「青汁をおやつ感覚もしくはデザート感覚で食べるの?」と思われるかもしれません。
そうなんです・・・なかなか難しいような気もするのですが、実際は想像していたよりおいしいものなのです。
おいしいと聞くと気になりますよね・・・どのような商品でどのような味のものが発売されているのでしょうか。

 

・ジェルタイプにもいろいろある?
ジェルタイプは1回分がスティック状になっているゼリーのようなタイプです。
もちろん、青汁の成分はしっかり含まれていますから栄養価は高いです。
商品によって違いますが、美容面の効果を前面に出しているようなものもあります。
味としては、マンゴー味などのフルーツタイプというものもあれば、和テイストタイプの黒糖や抹茶などのタイプもあります。
小腹が空いている時のおやつ感覚で食べられるので、ダイエットにも最適で人気のある商品です。
私も食べてみたことがあるのですが、想像以上においしいです。冷やしていると暑い日なんかはよさそうですね。
ということは、ついつい・・・ということがあります。食べ過ぎるとお腹がゆるくなるので注意しましょう。

 

大麦若葉青汁の比較はこちら!!